殺菌数値とマヌカハニー

さまざまな数値

いつのまにか『マヌカハニー=数値』と思われてしまうほどになってしまったマヌカハニーとさまざまな数値たち。UMF,MG(O)という代表格にはじまり,MGS,NPA,TAなどなど……この数字たちみなさんはどういうものであるのかご存知でしょうか。

UMFとMG(O)換算表

上記はUMF数値とMG(O)数値の換算表(目安)です。この数字は殺菌力を元にマヌカのいわゆる活性力を数値で表したものとして捉えられることが多い現況で,そのまま "殺菌値" として認識されている面もあります。

いつの間にかこの数値が一人歩きして,昨今では "数値が高い=高品質" や "数値が高い=高値" という風潮まであります。そんな中,ApBee アピビーが製品への表示をしなくなった経緯をマヌカハニー認定の新制度と合わせて紹介します。


代表的な "数値"

まず,数値にはどのようなものがあるのでしょうか。代表的なものをみていきましょう。

  • UMF(UMFHA: Unique Manuka Factor Honey Association: UMF蜂蜜協会)

マヌカハニーがもつ殺菌力を消毒液として比較して数値表示したものです。Leptosperin(レプトスペリン),Methylglyoxal(メチルグリオキサール),Dihydroxyacetone(DHA: ジヒドロキシアシトン),Hydroxymethylfurfural(HMF: ヒドロキシメチルフルフラール)を基準に数値化をおこなう。

  • MG(O)

マヌカハニーの活性力を Methylglyoxal(メチルグリオキサール)の含有量を基準に数値化したものです。2008年にトーマスヘンレ教授(Prof. Thomas Henle)が発表。

  • MGS

Molan Gold Standard(モランゴールドスタンダード)と呼ばれマヌカハニー研究の権威であるピーターモラン教授(Prof Peter Molan)により考案。他の基準同様に Methylglyoxal(メチルグリオキサール)に着目したものです。  

マヌカの花  

それではなぜ ApBee アピビーのはちみつはこのいずれのロゴや数値をつけずに販売され,多くのお客様に長く信頼され評価いただいているのかその理由の一部を次の章で詳しく解説します。