いつのまにか『マヌカハニー=数値』と思われてしまうほどになってしまったマヌカハニーとさまざまな数値たち。
UMF,MG(O)という代表格にはじまり,MGS,NPA,TAなどなど……この数字たちみなさんはどういうものであるのかご存知でしょうか。

 
この数字は殺菌力を元にマヌカの活性力を数値で表したもの。
そのまま殺菌値として認識されている面もあります。

いつの間にかこの数値が一人歩きして,昨今では "数値が高い=高品質" や "数値が高い=高値" という風潮まであります。私たちが製品への表示やめたり,マーケティングに一切使用をしない信条をマヌカ新制度(別ページ参照)と合わせて紹介します。
 

 
  • UMF(UMFHA: Unique Manuka Factor Honey Association: UMF蜂蜜協会)
マヌカハニーがもつ殺菌力を消毒液として比較して数値表示したもの。
Leptosperin(レプトスペリン),Methylglyoxal(メチルグリオキサール),Dihydroxyacetone(DHA: ジヒドロキシアシトン),Hydroxymethylfurfural(HMF: ヒドロキシメチルフルフラール)を基準に数値化をおこなう。
 
  • MG(O)
マヌカハニーの活性力を Methylglyoxal(メチルグリオキサール)の含有量を基準に数値化したもの。
2008年にトーマスヘンレ教授(Prof. Thomas Henle)が発表。
 
  • MGS
Molan Gold Standard(モランゴールドスタンダード)と呼ばれマヌカハニー研究の権威であるピーターモラン教授(Prof Peter Molan)により考案。他の基準同様に Methylglyoxal(メチルグリオキサール)に着目。

上記の歴史や詳細なデータを知りたい方はまずはぜひモラン教授やヘンレ教授を調べていただければと思います。今後コラムや別ページにて特集を組む予定です。
*正確な情報をお伝えするために英語を併記いたしました。

 

 
  • 殺菌値が高いことが純度の高い良質なマヌカハニー?
殺菌値が市場での値付けに直結する風潮になってしまうと,純度(マヌカ蜂蜜の含有量)が低くても殺菌値のみで "高級マヌカハニー" として販売されてしまいます。マヌカ蜂蜜の含有量が51%以上で殺菌値が高ければそれだけ高価なマヌカハニーとして販売が可能であったので意図的に殺菌値をあげる養蜂家・業者も存在するであろうことは想像に難くないと思います。

実際,高温下(45度) での保存加工,または冷暗所での長期熟成で殺菌値の上昇は確認されています。
つまり,人工的に殺菌値の高い蜂蜜の製造・加工は可能であると言えるでしょう。
 
 
  • ニュージーランド政府の新制度
はちみつは農作物です。年によって環境,天候に左右され出来が変化する中で,高純度のマヌカハニーを生産し続けることは運も必要です。私たちは毎年データを公表して説明をしております。

UMFなどの協会に所属するだけで多額の費用が発生します。そしてなによりも高純度でとれた自然な生はちみつにいずれかの殺菌ロゴをつけ毎年数値基準で値付けをすることに対して,先ほどの理由だけではなく "時間と共に数値が変動する" という観点からも疑問を持っております。

上記2点の理由で今後も積極的な殺菌値の公表はいたしません。
そのため,今までも高純度で平年より高い殺菌値のマヌカが用意できた年も価格を据え置いてお客様に提供してきました。

そんな私たちの姿勢にようやく追い風が吹き,2018年からニュージーランド政府はマヌカ蜂蜜の認定基準としてDNA検査を用いた検査方法を導入し,これらは殺菌力の基準となる成分数値とは一切関係のないものです。

この『マヌカがどのくらい含まれているか』という点に重きをおいたニュージーランド政府の新検査・認定基準でマヌカハニーは法的に以下の2種類のみに限定されます。
・モノフローラルマヌカ(Monofloral Manuka: 単一マヌカ)
・マルチフローラルマヌカ(Multifloral Manuka: 他の蜜源が混ざったマヌカ)
(・上記2種のいづれにも該当しない場合は "マヌカハニーとは呼べない" というカテゴリ)

この話の続きはマヌカ新制度のページでお話ししましょう。

アピビーのはちみつ各種商品ページ/ご購入はこちらから
 
前のページへ