殺菌力や活性力などの『数値』にとらわれてしまっていたマヌカハニー。
そのなかにはいわゆる粗悪品といわれるマヌカハニーとは実は呼べないものも多く市場に出回ってしまっていました。
徐々にみなさまの中にもその粗悪品の品質に気付くような方も出てきたり,検索では『マヌカハニー,本物』『マヌカハニー,信頼』などの検索ワード,これらに関する記事も多く書かれるようになってきた昨今です。

 
粗悪品の排除とニュージーランド産マヌカハニーそのものの信頼性を取り戻すことがこの新制度に期待されることの1つです。
またみなさまがよりわかりやすくマヌカハニーをお選びいただける基準をニュージーランド政府(第一次産業省: Ministry for Primary Industries)が示したことになります。
今お買い上げしようとしている商品が『マヌカハニーなのか否か』を見分ける今後の指標になります。
 
今後『マヌカハニー』として販売されるものはこの検査方法で検査することが義務付けられたため,2018年以降に輸出をされるもので
この検査で認定されていない蜂蜜はマヌカハニーとしての販売が禁じられることになります。
 

 
この2種類のどちらにも分類されず,基準にとどかなかった蜂蜜は『マヌカハニーではない (non-Manuka)』というカテゴリになり,マヌカハニーとして販売ができません。

上記の検査が導入され,殺菌値が高いこととマヌカハニーとしての純度が高いことは関係がないことが明確となっていくことでしょう。

殺菌値での値付けや表示に疑問をもち,数値にこだわらずにマヌカハニーの花粉量を基準とした純度だけで販売を続けてきたことが認められたような気持ちです。

みなさまが迷いなく"マヌカハニー"をお手にとっていただける機会だと捉えており,まずは最新の検査方法で政府の認定をうけているか否かをチェックしてみてもよいかもしれません。

最新の検査方法で
アピビーのハイグレードマヌカハニー"モノフローラルマヌカハニー"
アピビーのマルチフローラルマヌカハニー"マルチフローラルマヌカハニー"
と認定を受けております。詳しい検査結果は商品ページをご覧ください。

 

 
アピビーのはちみつ各種商品ページ/ご購入はこちらから
 
前のページへ