なぜ50%以上でマヌカなのか???

それは純度が低くても殺菌力が高いマヌカが非常に多いことを意味しています。 
つい最近50%以下の場合はマヌカ・ブレンドと表示することが定められました。
それまでは40%のマヌカ含有率でも殺菌力が高ければMANUKA UMF25などと
表示され かなり高価に販売されていました。

私の蜂蜜で、ネルソン百花蜜の初期の頃のものは、純度40%強でUMF値は23
蜂蜜が水分と混ざって過酸化水素を発生して出来るNPA殺菌力とあわせると29という数値が
出ました。
しかし私はこの蜂蜜をネルソン百花蜜として数値の表示はしませんでした。
その時に一緒に取れたマヌカ蜂蜜のUMF値は13+で純度は
89%でした。

90%前後純度のマヌカ蜂蜜を取ることはかなりの技術と運が必要です。

それが意識してマヌカを集めなかった蜜箱の蜂蜜の数値が非常に高い!!

売ろうと思えば一所懸命やって取れた純度90%のマヌカ蜂蜜の倍以上の価格で売れる!!!この辺りからUMFの表示に疑問を持つようになって その後 UMFの検査や表示はやめて

マヌカの純度のみの数値にすることにしています。

あまりにも多くの数値を上げる裏技が存在して 一時アメリカでニュージーランドのマヌカ蜂蜜の輸入が通関で止められて養蜂家の間では大騒ぎになったニュースなどほとんど表には出てきません。

お金が絡むと色々問題が出てくるようです。

私たちのアピビーマヌカハニーは純度90%のはちみつです。
何も手を加えていない、そのままのマヌカハニーです。